株式会社 近藤海事

当社の歴史

当社は、1904年(明治37年)
福岡県遠賀郡若松村の地において「近藤組」として創業しました。
当時は船舶解体を行うとともに、酒類・醤油・味噌の商いを行っておりましたが、
1925年(大正14年)福岡県沿岸にて座礁した海防艦“沖島”
(バルチック艦隊海防戦艦“General Admiral Apraksin”)の撤去・解体を機に
海事部門を創立し、現在まで続く礎となりました。
近藤海事の出来事
時代背景
1901年(明治34年)
官営八幡製鉄所操業
1904年(明治37年)
愛媛の村上水軍の血を引く初代が福岡県遠賀郡若松村(現在の北九州市若松区)の地において船舶解体、酒類・醬油・味噌の販売を業として“近藤組” 創業
日露戦争勃発
1905年(明治38年)
日露戦争終結
1923年(大正12年)
関東大震災
1925年(大正14年)
海防艦“沖島”の解体・撤去を機に、近藤組 海事部門を創立する。本艦は、日露戦争でロシア/バルチック艦隊に所属し、参戦していたが、日本海軍が鹵獲し、海防艦“沖島”と改名した。第一次大戦後に除籍され、佐世保海兵団の練習船として使用されたのち、1924年(大正13年)廃艦となった。翌年、福岡県の日本海海戦 戦跡保存会にて記念館に保存される予定であったが、荒天時に座礁し、当社にて解体撤去を行う事となった
日ソ基本条約締結
1928年(昭和3年)
大相撲ラジオ実況放送開始
1931年(昭和6年)
満州事変
1937年(昭和12年)
船舶の浮上・撤去・解体・クレーン船の作業技術をもとに海難救助部門及び沿岸荷役部門を開設する
1941年(昭和16年)
太平洋戦争勃発
1944年(昭和19年)
日本陸軍暁部隊の海難救助部隊として徴用され、代表を含む全社員・船舶・資機材共に呉港に移動する
1945年(昭和20年)
第二次世界大戦終戦と共に徴用解除となり若松の地に戻る
第二次世界大戦終戦
1946年(昭和21年)
社名を“近藤海事工業所”とする。当時、日本最大の400t吊り双胴型起重機船“よろず丸”を建造し、関門海峡・洞海湾で触雷等により沈没した船舶二百数十隻を無償撤去し、関門港開港に貢献する
1954年(昭和29年)
自衛隊発足
1961年(昭和36年)
ソ連 人類初の有人宇宙飛行
1963年(昭和38年)
八幡製鉄株式會社殿よりクレーン船による重量物荷役の指名を受け、120t吊り蒸気式起重機船"久丸"による輸出コイル等の本船荷役を24時間体制で行い、高度成長期の一翼を担う
1964年(昭和39年)
東京オリンピック開催
東海道新幹線開業
1968年(昭和43年)
デッキバージによる鋼管杭/重厚長大貨物輸送の海上輸送部門及び曳船による曳航部門を開設する
1969年(昭和44年)
株式会社近藤海事工業所に法人改組。多年に亘る曳航ノウハウを以って近海区域オーシャンタグ新造による曳航部門の拡充を図り海外に進出する
アポロ11号/人類初の月着陸
1973年(昭和48年)
内航運送業許可取得、一般建設業(福岡県)許可取得
オイルショック
1974年(昭和49年)
起重機船”不退転”を建造する
1975年(昭和50年)
株式会社近藤海事に商号変更。海難救助現場で最も視認性の高いオレンジ色をコーポレートカラーと定め、24時間体制でサルベージ業務に従事する。また、大型ジャケット/プラント/プラットフォーム等、大型構造物の国内外への曳航/海上輸送及びアンカーハンドリングタグの運航による海底油田開発工事に参画し、総合海事会社として飛躍を図る
1979年(昭和54年)
原油備蓄基地建設工事に伴うボーリング櫓設置作業を皮切りに、地盤改良/基地建設/貯槽船曳航等、基地完成までの種々作業に携わると共に完成後の維持管理業務の一端を担う
第二次オイルショック
1981年(昭和56年)
スペースシャトル初打上げ
1984年(昭和59年)
工事部門新設により臨海土木工事に進出する。京浜大橋・大鳴門橋トラスの海上輸送を行い、その後の備讃瀬戸大橋/しまなみ海道/角島大橋/首都高速台場線/福岡アイランドシティー連絡橋等、橋梁輸送の足がかりとなる
1986年(昭和61年)
ハレー彗星大接近
1988年(昭和63年)
特定建設業許可取得(福岡県)
1989年(平成元年)
離島保全工事/生態調査に参画
265t吊り起重機船”羅漢山”による発電所の取/放水管設置工事(台湾)を皮切りに、国内外での海上工事事業に着手する
1991年(平成3年)
バブル景気崩壊
1993年(平成5年)
東京湾横断道路木更津人工島工事にかかる海上輸送業務に従事する
1995年(平成7年)
阪神淡路大震災発生
1997年(平成9年)
最新鋭の海難救助船兼アンカーハンドリング船である”韋駄天”を建造し、海外事業部門へ新たに進出する
2004年(平成16年)
創業100周年を迎える
2005年(平成17年)
サハリンプロジェクトに参画する
福岡県西方沖地震発生
2006年(平成18年)
国内各地への風力発電設備の海上輸送を開始する
2007年(平成19年)
新若戸道路沈埋函工事に参画する
2008年(平成20年)
羽田滑走路建設工事のジャケット/床版輸送に従事する
2010年(平成22年)
調査業務船兼海難救助船”風神”を購入し、新たな分野へ進出する。また、作業艇”うしわか”を購入する
2011年(平成23年)
東日本大震災に伴うサルベージ作業・復興支援業務で船団を派遣する
東日本大震災発生
2012年(平成24年)
再生可能エネルギーの広まりに伴う浮体式洋上風力発電装置設置工事に本格参画する。
作業艇”よしつね”を新造リプレイスする
2013年(平成25年)
海難救助船兼曳船”五十猛”をリプレイスする
2014年(平成26年)
緊急の海難救助に対応し、更に日本近海における海洋資源開発・調査業務にも対応するため、充実した居住設備と作業甲板を有した多目的海難救助船兼曳船 “雷神” を建造する
2015年(平成27年)
作業艇”べんけい”を新造リプレイスする
2016年(平成28年)
内航貨物船”恵運丸”を建造する
2018年(平成30年)
ISO9001・2015(品質)・ISO14001・2015(環境)・ISO45001・2018(労働安全衛生)取得
2020年(令和2年)
新本社ビル、新倉庫完成